どるずのこだわり

開業当時の店舗

平成14年5月、秋田市外旭川地区に自家焙煎珈琲豆の販売店として「どるず珈琲豆店」を開業し、珈琲豆専門店として営業しておりました。

開店二年後に、世界の珈琲産出国を駆け回り良質の珈琲豆を探し求め、スペシャルティコーヒーを提供して下さる、信頼のおける方と出会いました。そのことにより私も、スペシャルティコーヒーに強い関心を持ち、お客様への提供が始まりました。

平成23年には初めての珈琲農園視察で、インドネシア・スマトラ島に行き、マンデリンが出来るまでのすべての過程を見学してまいりました。

現地の方の良質の珈琲豆づくりには本当に感銘を受けましたが、それは現地の方と商社マン、そして私達にその珈琲豆を提供して下さる社長様との信頼関係が強く築かれていればこそと感じ。大変素晴らしい経験をさせて頂きました。

そして私は同年7月に秋田市民市場内に「秋田市民の台所、秋田市民市場から世界のスペシャルティーコーヒーの提供」を目指して、「どるず珈琲店」を開店し、喫茶と珈琲豆の販売を行っております。

しかし一般の方のスペシャルティコーヒーに対する認識は低く、難儀しましたが、飲んで初めて味の素晴らしさを覚えて頂き、リピーターの方がどんどん増えて来ていることは正直嬉しいことです。

焙煎は自宅中庭に焙煎工房を新築し、半熱風式の5kgの焙煎機で、基本的には市民市場店が休みの日曜日に毎週行っております。不足分は随時帰宅後行っており、一週間で販売できる分を目安に焙煎しております。珈琲豆が持つ個々の特徴を最大限引き出し、常に最高の状態で豆を販売する事がモットーです。

今後は5年先、10年先を見据えた新しい珈琲豆を目指している全国の同業者との情報交換をしながら、また機会を見て農園視察・買い付けも行う予定です。
どうか秋田駅から徒歩5分、秋田市民市場内にある「どるず珈琲店」にお立ち寄り頂き、世界のスペシャルティコーヒーをお召し上がり下さい。

喫茶部門はランチはもちろん、店内でお召し上がるクッキーやケーキはすべて当店のスタッフの手作り商品です。ケーキ材料は品質にこだわり、ケーキ材料専門店から仕入れており、皆様からも好評を得ております。特に当店のオリジナル商品「白いコーヒーゼリー」は大好評です。

看板犬のちゃ君は、頼もしい焙煎の番犬です。

これからも、「世界のスペシャルティコーヒーの提供」を目指し、全国の同業者との情報交換をしながら、より一層素晴らしい珈琲作りに専念してまいりますので、皆様のご来店を心よりお待ち致しております。
なお、外旭川店は、昨年老朽化に伴い解体し、現在は市民市場店のみの営業となっております。